保湿化粧品オススメランキング|今話題の保湿化粧品を徹底解析

うるおい化粧水おすすめランキング

乾燥対策はお早めに!

 

秋冬になり、気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。お肌が乾燥している、と気づいたころにはお肌の水分量はかなり低下しています。大切なのは、自覚するよりも前に早めに水分補給を行うことです。

 

早めの水分補給はどのように行うか?それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。スキンケアで使う化粧水をうるおいタイプにするだけで、効果的なうるおい補給ができます。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。

 

賢く化粧水を選ぶためにも、ここでうるおいタイプの化粧水のランキングをご紹介したいと思います。

 

 

アヤナスの特徴

「アヤナス」は大人の女性が抱える乾燥、ゆらぎ肌に根本から対処できる化粧品ラインです。

大人女性の半数以上が「ゆらぎ肌」を抱えていると言われています。「ゆらぎ肌」とは、ストレスに敏感に反応する肌のことです。

評価
評価4.5
アヤナスの総評

現代社会において、実は90パーセント以上の女性が「ストレスを感じると肌が荒れる」と答えています。

敏感肌という言葉はアレルギーを起こしやすかったりアトピー肌のことを言っていると思われがちですが、実はストレスによる肌荒れを起こしやすい人も敏感肌と言えます。

敏感肌ゆえにストレスに弱いのではなく、ストレスが多いゆえに多くの女性が揺らぎ肌になってしまっているようです。

ストレス社会に生きる女性にとって揺らぎ肌は避けては通れない問題です。
ストレスは皮膚の温度を低下させることもわかっています。皮膚の温度が低下すると、お肌に悪影響が及びます。

皮膚の温度が低下すると、「肌冷え」の状態に陥りいます。「肌冷え」の状態は角質層のバリア機能を低下させてしまいます。角質層には「タイトジャンクション」と呼ばれるバリア機能があります。


「タイトジャンクション」とは角質層の顆粒層にあるもので、角質内で生きた細胞どうしをつなぎ合わせる役割をしています。

細胞どうしをつなぎ合わせることで水分やイオンの流出を防いでいます。

この機能が正常に機能することで、お肌の内部のうるおいを逃がさず保つことができるです。外敵がお肌に侵入するのも防ぐことができ、キメ細かい肌状態を保つことができます。

ですが肌の温度が低下すると、カルシウムイオンが過剰に流出してしまいます。
カルシウムイオンはお肌の内部に常にある成分で、角質を生み出す指令を出すのに役立っています。

そのためカルシウムイオンの流出が起こると、お肌の角質を新しくつくる機能が低下します。


「肌冷え」状態はお肌の老化をも進めてしまいます。肌のバリア機能が失われた状態では、トラブルが起こりやすくなってしまいます。
バリア機能が失われると、お肌の角質層が乱れます。キメが荒れてしまい、その乱れた角質層の隙間からうるおいがどんどん逃げてしまいます。
うるおいが逃げていくと、そこにはシワができてしまいます。

さらに紫外線などの外敵がお肌の内部へと侵入してしまいます。その結果細かい炎症が起こります。
炎症は肌内部のコラーゲンを破壊し、肌のハリや弾力を失わせるでしょう。
さらに炎症はシミなどのトラブルの原因ともなります。お肌に消えないダメージを残してしまうのです。

ポイントは、ゆらぎ肌の原因ともなる角質層の乱れを防ぐことです。
アヤナスならば、心理的ストレスに対処するための、自然由来の成分を贅沢に配合しています。

・パルマリン
大西洋に生息する「紅藻」から抽出したエキスでタイトジャンクションのはたらきを強めます。

・ビルベリー葉エキス
ビルベリの葉から抽出したエキスで、抗酸化作用とリラックス効果が期待できます。

・ジンセンX
朝鮮人参から抽出したエキスで、血行促進、皮膚温度の上昇が期待できます。



また肌表面に角質層膜に似た膜をつくることで、うるおいが逃げるのを徹底的に防ぎます。

これは「ヴェルタサイクルヴェール」と呼ばれるもので、角質層に代わり外部からのダメージをシャットアウトしながら内側からのうるおいが逃げるのを防ぎます。

敏感肌、乾燥肌の救世主とされているアヤナスからは高保湿のBBクリームが出ています。
お肌が荒れている状態だと、「エイジングトラブル」と呼ばれるシミやシワなどもより目立ってしまうことでしょう。

この「AS BBクリーム」はそんな「エイジングトラブル」をカバーしながら、肌を美しく見せる特殊技術を駆使してお肌に輝きを与えます。
1品で7役もこなす優秀エッセンスインBBクリームは試してみる価値アリです。
7役と言える詳しいはたらきとは、外部刺激ブロック・保湿効果・エイジングケア・薄化粧効果・化粧下地・毛穴補正・UVカットの7役です。



肌が乾燥した状態は、角質層が乱れている状態です。角質層が乱れているゆえに外部刺激が直接お肌の内部に入り込んでしまいます。
お肌の内部に刺激が加わると、小さな炎症が繰り返し生じます。
炎症が起こるたびに、お肌の中では活性酸素が生まれます。この活性酸素こそ、お肌の老化を進める美肌の大敵なのです。

活性酸素が分泌したお肌の内部では、お肌のハリを与えるコラーゲンがどんどん固められてしまいます。そのためハリ不足、たるみが生じる原因にもなります。また毛穴の広がりも生じ、見た目にも老けた印象になるでしょう。

活性酸素が多量に生じると、お肌が「糖化」します。お肌が糖化すると、老化分子である「AGEs」という物質が生成されます。

この物質は真皮の構成成分の働きを鈍化させ、また肌を茶色く黄ぐすみの状態に変えてしまうのです。



このお肌の糖化を防ぐために、アヤナス「AS BBクリーム」には「ヴァイタサイクルヴェール」が配合されています。
この「ヴァイタサイクルヴェール」は外的なストレスからお肌を守る膜を作ります。お肌を刺激から守ることで肌本来の活力を高めます。


大人の敏感な肌状態を改善するための「アヤナス」ならば、スキンケアと同時にメイクアップ時にも乾燥肌対策を行うことができます。

ラインで使うことでさらに肌本来のうるおい保持機能を強化できるでしょう。

米肌(MAIHADA)の特徴

コーセーが社をあげて開発した「米肌」は、お米の持つ美容効果に注目した化粧品です。「米肌」が目指すのは、ただただ濃厚なクリームを塗って一時的な潤いを保つことではありません。

角質層の水分保持機能から改善し、自らの肌の機能を向上させることを目的としているのです。日本人の美は、古くよりお米の力に支えられてきたと言えます。いまは海外からもローカロリーで栄養豊富な健康食として知られる日本食ですが、その基本はやはり米食です。

評価
評価4
米肌(MAIHADA)の総評

そのお米の持つ「ライスパワー」の」力は、日本酒を造る杜氏の手を見ればわかります。

日本酒をつくる際にはお米の発酵を手作りで行いますが、その作業を行う杜氏の手はキメがこまかく白く潤いに満ちているのです。

お米の発酵段階ではお肌に良い成分ができていることがわかります。



コーセーが研究の末に開発したのは「ライスパワーNO.11」です。
この「ライスパワーNO.11」は造り酒屋に古くから伝わる発酵技術を参考に開発がなされています。

独自の技術によりお米を丁寧に蒸し、米のエキスを丁寧に抽出した後そのエキスを90日間にわたり発酵させ、熟成させます。



角質層のうるおいを保持する機能を「水分保持機能」と呼びます。
この「水分保持機能」にはたらきかける化粧水は様々ありますが、「米肌」は特別な商品です。


「米肌」に含まれる「ライスパワーNO.11」は、数ある有効成分の中でもこの「水分保持機能」の改善に役立つと認められた唯一の有効成分なのです。

お肌にうるおいを与える成分はたくさんありますが、お肌の「セラミド」を生み出す力を持つ有効成分は「ライスパワーNO.11」が唯一と言えるでしょう。

「セラミド」は年齢とともに減少してしまい、年齢肌の原因となります。
この「セラミド」がうるおいを抱える役割をしているため、「セラミド」が増えることはお肌自体がうるおいを逃がさずキャッチしている力につながるのです。


肌荒れの起きている状態の肌は、角質細胞がめくれあがったり古い角質が積み重なっていると言えます。

そのため正常なターンオーバーができず、新しい細胞が生まれにくい状態になっているのです。

「ライスパワーNO.11」には、ターンオーバーを正常化するのに役立つはたらきがあります。健康的な肌へと近づけることができるのです。


ターンオーバーを正常化するのを助ける成分として、「ライスパワーNO.11」に加えて「大豆発酵エキス」「ビフィズス菌発酵エキス」が含まれています。

発酵エキスをふんだんに含むことは、肌の天然保湿因子を補い角質層のうるおいを保持することに役立ちます。

そこに天然糖質「トレハロース」を含ませることで、さらなるうるおい効果を実現させています。

角質細胞の保湿力をサポートし、乾燥を生じさせるストレスからお肌を守ります。
肌表面でうるおいを保持するので、肌が内部から輝くような印象を与えます。

「米肌」のラインからは美容クリームも出ていてこちらも人気です。
「ライスパワーNO.11」のクリームを使い続けると、肌の弾力もアップするという結果が出ています。

弾力感が増すと頬やフェイスラインも上がるので、年齢に負けない若々しい印象を与えることができます。


毛穴の開き、シミ、くすみ、しわ、たるみ。すべての原因は乾燥にあります。

潤いを保持し乾燥にも負けない状態をつくってあげれば、ほとんどの肌トラブルを回避することができるのです。

アスタリフトの特徴

「幸せなエイジングケア」を提案するアスタリフトは、うるおい効果ももちろんばっちりです。「アスタリフト」の開発は、フィルムメーカー大手のフジフィルムが手がけています。

評価
評価3.5
アスタリフトの総評

そのため、その目指す美しさは「フォトジェニックビューティー」です。
「フォトジェニックビューティー」とは内側から光が発しているかのように肌が輝き、存在感を放つ肌をです

肌が内側から光を放つほどになるには、肌の細胞ひとつひとつが潤い、キメ細やかである必要があります。アスタリフトだけが、細胞ひとつひとつを潤わせ、ハリを復活させることができ「フォトジェニックビューティー」を実感できるのです。

アスタリフトには独自で開発した潤い保持成分「ヒト型ナノセラミド」が配合されていて、これはフジフィルムだけが使用している潤い成分であり、ほかのエイジングケアでは得られない効果を持っています。


この「ヒト型ナノセラミド」は人間の肌が持つセラミド(潤い成分)と同じ構造をしているために、ほかの人工セラミドよりも早く、そしてより内部まで深く浸透します。

その結果、細胞の奥まで潤わせることができ、内部からふっくらと潤い輝く肌が実現するのです。




また開発されていくうえで「ヒト型ナノセラミド」に加えて新しく「ヒト型ナノアシルセラミド」が新しく配合されました。

この「ヒト型ナノアシルセラミド」はうるおいをとどめる働きがあり、うるおいを抱える効果がある「ヒト型ナノセラミド」とともに使用することで最強のうるおい保持機能を実現すると言われています。


アスタリフト化粧水を使用した人の感想を見ると、「翌朝の肌状態が変わった!」という声を耳にします。

翌朝の肌状態が革命的に変わる、そう言える秘密はやはり「ヒト型ナノセラミド」にあります。

そしてその「ヒト型ナノセラミド」に加えて新開発され注目を呼んだのが、「Wヒト型ナノセラミド」です。

さらに進化したこの「Wヒト型ナノセラミド」により浸透力もうるおい保持機能もさらにアップし、エイジング効果もより高くなりました。


エイジングケアには「抗酸化」が不可欠です。年齢とともに体を老化させるのは「酸化」だからです。
からだや肌を酸化から守るためには、「抗酸化成分」を多く摂取する必要があります。

「抗酸化成分」として注目されているのは「リコピン」や「アスタキサンチン」です。
これらの成分もいまや一般的ですが、「アスタキサンチン」がほかと比較して注目できるのは、これらの抗酸化作用が「ナノ化」されていることなのです。




また「アスタリフト クリーム」は、濃密ヴェールで美容成分をしっかり肌の内部に閉じ込めて肌にハリを与えます。
この濃密ヴェールは、「三種のコラーゲン」「ローヤルゼリー」「スクワラン」により可能になっています。


これらのうるおい保持成分に、アスタリフトシリーズだけが持つナノ成分化された「アスタキサンチン」、「リコピン」が加わることで、美容機能とうるおい保持機能がバツグンに上がるのです。

そしてその効果が高くなった美容成分をしっかりと肌に留めることで、翌朝の肌状態が格別に良くなります。

 

 

いかがでしたか?

 

高機能な保湿化粧水のなかでも、ご自分のお肌が求めるものを選びましょう。
大切なのは自分の肌がきもちいいと思えるものを、継続して使うことです。秋冬にも負けずに乾燥対策を成功させましょう!

 

保湿化粧品

更新履歴