乾燥肌の対策は?

お肌を蝕む「乾燥」の対策は?

 

秋冬になるとお肌の乾燥が気になりますね。乾燥を食い止めるためにできること、一番に思いつくのは化粧水を変えることでしょう。

 

いまは高機能の保水機能の高い化粧水がたくさんあるので、化粧水を変えるだけでも乾燥対策ができるでしょう。ですが乾燥対策をする際に覚えておきたいのは、お肌自体のうるおい力を上げることです。

 

そのために、お肌のうるおいはどのように守られているかを今一度考えてみましょう。お肌の潤いの構造を知ることは、効果的な乾燥肌の対策をすることに不可欠です。

 

お肌の水分保持機能とは?

 

 

お肌の水分を保つことは、どのように行われているのでしょうか?お肌の水分を保つ能力は、角質層の細胞間脂質が80パーセントの役割を担っています。そして「NMF」と呼ばれる天然保湿因子が18パーセントの役割を担い、皮脂は2パーセントの役割です。

 

以前は油分の役割がかなり重視されていましたが、実は皮脂は2パーセントの役割しか担っていないのです。
大切なのは、角質間の脂質と「NMF」天然保湿成分です。

 

これらは年齢に伴い減少してしまうようです。減少してしまった角質間脂質と天然保湿成分を補うには何ができるのでしょうか?

 

 

お肌の保湿力が低下する原因は?

 

お肌には本来保湿成分があります。では、角質間脂質と天然保湿成分とが失われてしまう原因は何なのでしょうか?

 

これらが失われてしまう原因には、「洗顔のしすぎ」「こすりすぎ」があります。多くの乾燥肌の人は、洗顔のしかたに問題があります。

 

まず、洗顔料はたっぷりと泡立てた泡で行いましょう。そしてその泡で包むように洗います。手が肌に直接触れないように、泡を転がすように洗いましょう。このためには泡がある程度の固さを保つ必要があります。洗顔ネットを使って、固めの泡が作りましょう。

 

乾燥肌がひどい場合には、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけでも十分かもしれません。またクレンジングの際にもこすりすぎに注意しましょう。

 

オイルクレンジングはしっかりとメイクを落とせるためすっきりしますが、お肌のうるおいも洗い流してしまう可能性があります。

 

ミルククレンジングやジェルクレンジングがおすすめです。

 

お肌のバリア機能回復を待つ

 

洗顔後には、健康なお肌でも細胞間脂質や天然保湿成分が洗い流されて無防備な状態です。お肌の水分力が弱まった状態なのです。ですが、健康な肌は睡眠の時間に再生するのです。

 

失った細胞間脂質や天然保湿成分が完全に回復するまでには24時間近くかかるようです。乾燥肌の方は、この修整がうまくできていない状態なのです。つまり、お肌が常に無防備な状態なのです。そのため、乾燥肌の方は無防備な肌を優しくいたわるケアが必要です。

 

まず、「洗顔のしすぎ」「こすりすぎ」をやめましょう。乾燥がひどいと感じているならば、一日洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗顔する日をつくってみましょう。

 

これは応急処置ですが、24時間後にはうるおい成分が回復していると言えます。

 

乾燥がひどい場合

 

上記の応急処置をしてもお肌の機能が回復しない場合、不足しているうるおい成分を補ってみましょう。まずは、細胞間脂質や天然保湿成分自体を含む保湿化粧水を使ってみましょう。そのためには、アミノ酸やセラミドなどを含む保湿化粧水を選ぶと良いでしょう。

 

ほかには、細胞間脂質や天然保湿成分の生成を助ける成分を補ってみることが効果的です。
細胞間脂質や天然保湿成分の生成を助ける保湿化粧水とは?

 

天然保湿成分の生成を助ける美容成分を以下のものがあります。
・アミノ酸
・ピロリドンカルボン酸
・乳酸ナトリウム
・尿素
・ミネラル類
・糖、有機酸など
これら天然保湿成分を構成する成分を含む化粧水を選ぶとよいでしょう。

 

またお肌の潤いを保つセラミドを補給したい場合には、乳液やクリームで補給することをおすすめします。セラミドなどの細胞間脂質の成分は水溶性ではないため、化粧水で補給するには不向きなのです。

 

これらの有効成分を補給するとともに、肌本来の力を底上げする化粧水がおすすめです。お肌の力をつけるためには、お肌の内部温度を上げることが大切です。お肌の冷えを改善して、代謝のよい肌状態を作り出すことができる化粧水をご紹介しましょう。

 

 

肌代謝をあげて乾燥肌対策!

 

「アヤナス」

 

皮膚の温度が低下すると、「肌冷え」の状態に陥りいます。「肌冷え」の状態は角質層のバリア機能を低下させてしまいます。

 


肌の温度が低下すると、カルシウムイオンが過剰に流出してしまいます。カルシウムイオンはお肌の内部に常にある成分で、角質を生み出す指令を出すのに役立っています。そのためカルシウムイオンの流出が起こると、お肌の角質を新しくつくる機能が低下します。

 

このように、冷えはお肌のバリア機能を低下させ、さらに新しいお肌の再生を防いでしまうのです。まさに美肌の敵とも言えるでしょう。

 

アヤナスなら肌冷え解決のための、自然由来の成分を贅沢に配合しています。

 

・パルマリン
大西洋に生息する「紅藻」から抽出したエキスでタイトジャンクションのはたらきを強めます。
 
・ビルベリー葉エキス
ビルベリの葉から抽出したエキスで、抗酸化作用とリラックス効果が期待できます。
 
・ジンセンX
朝鮮人参から抽出したエキスで、血行促進、皮膚温度の上昇が期待できます。

 

また肌表面に角質層膜に似た膜をつくることで、うるおいが逃げるのを徹底的に防ぎます。これは「ヴェルタサイクルヴェール」と呼ばれるもので、角質層に代わり外部からのダメージをシャットアウトしながら内側からのうるおいが逃げるのを防ぎます。

 

膜によりお肌を保護しながら、浸透率の優れた「セラミドナノスフィア」がお肌の内部までうるおいを届けます。これによりお肌は内部からしっかりうるおい、うるおいがキープされた状態で一日中いることができるのです。

 

 

 

保湿化粧品

関連ページ

保湿化粧水を選ぶための基礎知識
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。保湿化粧水を選ぶための基礎知識とはどのようなことでしょうか
保湿化粧水の効果的な使い方は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。保湿化粧水の効果的な使い方とはどのようにするのでしょうか
おすすめの乾燥肌対策は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。おすすめの乾燥肌対策とはどのようなことなのでしょうか