保湿効果の高い化粧水は?

保湿効果の高い化粧水、どうやって選べばいい?

 

エイジングケアっていつから始めればいいの?始めるならどんな化粧水がいいの?エイジングケアには疑問がいっぱいあります。お肌の老化は20代後半から始まります。

 

個人差はありますが、20代後半にはお肌のうるおい保持機能が崩れはじめ、30代後半でシミやシワなどのトラブルが表れやすくなります。

 

本格的なエイジングケアを始めたい!と思っている方のために、保湿効果の高い化粧水選びのポイントをまとめてみました。

 

 

トラブルが見える前に始めよう!

 

 

年齢肌、と言われるのはシミ・シワ・たるみなどが原因です。これらのトラブルは、お肌に起きてから消すのはかなり難しいと言われています。

 

エイジングケア化粧品は、一度できてしまったシワやたるみを消すことよりもそれを予防することに重点が置かれています。

 

つまり、エイジングケアはどれほど早く始めるかにポイントがあるのです。トラブルが起きてからではなく、乾燥を感じ始めたらすぐにエイジングケア化粧品を取り入れると良いと言えるでしょう。

 

ではエイジングケアのためには保湿効果が高い化粧水を使うべきと言える理由とは?

 

 

 

保湿こそ、エイジングケアの鍵

 

お肌は乾燥すると外的な刺激からお肌を守ることが難しくなります。乾燥は角質層のキメを乱してしまいます。キメが乱れると、その隙間から紫外線などが入り込みお肌の内部に影響を与えてしまいます。

 

お肌の内部に影響が加わると、シミなどの色素沈着につながってしまいます。またシワが深く刻まれる原因ともなります。

 

角質層のキメの乱れは、ゆらぎ肌の原因にもなります。ゆらぎ肌とは、少しのトラブルにも敏感に肌が反応してしまう状態です。

 

現代社会ではストレスが多いため多くの女性がゆらぎ肌になっていると言えます。心理ストレスを受けた際にすぐに肌にトラブルが起きてしまうなら、ゆらぎ肌になっているといえるでしょう。

 

角質層に潤いが満ち、それを保持できる状態であるならばストレスを感じてもお肌がトラブルを抱えることはありません。

 

ゆらぎ肌の解決にも、エイジングケアのためにもポイントは保湿成分なのです。

 

 

 

保湿効果の高い化粧水の選び方

ここで、化粧水に使われている主な保湿成分を見てみましょう。
 
・セラミド
 
・ヒアルロン酸
 
・アミノ酸
 
・コラーゲン
 
・グリセリン
 
・NMF

 

 

これらはそれぞれ角質層の内部に潤いを満たすことを目的としたり、その潤いを保つはたらきがあります。ですが、これらの潤い成分が配合されているのはもはや当たり前です。

 

より効果の高い乾燥肌化粧水を選ぶならば、独自で開発した潤い成分を配合した化粧水を選ぶことをおすすめします。独自の潤い成分を配合した化粧水の中でも、うるおい保持機能が高い化粧水を選びましょう。

 

 

独自のうるおい成分を配合した「米肌」

 

独自の潤い成分を配合した化粧水のなかでも、おすすめはコーセーの「米肌」です。

 

「米肌」のなかには、「ライスパワーNO.11」という独自のうるおい成分が配合されています。この「ライスパワーNO.11」こそ、お肌の持つ潤い保持機能を内側から改善する次世代潤い成分なのです。

 

「ライスパワーNO.11」は、独自の技術によりお米を丁寧に蒸し、米のエキスを丁寧に抽出してできています。その後そのエキスを90日間にわたり発酵させ、熟成させます。

 

古来より日本人女性の美をささえてきた米の力に着目することで、より効果の高い保湿効果を可能ししているのです。

 

 

 

ライスパワーで保湿力アップ!

 

お肌にうるおいを与える「セラミド」は年齢とともに減少してしまい、年齢肌の原因となります。

 

この「セラミド」がうるおいを抱える役割をしているため、「セラミド」が増えることはお肌自体がうるおいを逃がさずキャッチしている力につながるのです。

 

「ライスパワーNO.11」は、お肌が自らセラミドを生み出す事を助けます。

 

 

 

 

 

内側から元気な肌を目指して

 

「ライスパワーNO.11」の美肌効果はまだまだあります。お肌の細胞は一定のサイクルで生まれ変わると言われています。

 

肌荒れの起きている状態の肌は、角質細胞がめくれあがったり古い角質が積み重なっていると言えます。そのため正常なターンオーバーができず、新しい細胞が生まれにくい状態になっているのです。

 

「ライスパワーNO.11」には、ターンオーバーを正常化するのに役立つはたらきがあります。健康的な肌へと近づけることができるのです。

 

「米肌」を使い続けることは、エイジングケアにもつながります。

 

年齢肌と言われるのは、お肌がたるんだり弾力がなくなってしまった状態ゆえです。頬がゆるんだりフェイスラインが落ちたりするゆえに実際の年齢よりも老けて見えてしまうのです。

 

「ライスパワーNO.11」のクリームを使い続けると、肌の弾力もアップするという結果が出ています。弾力感が増すと頬やフェイスラインも上がるので、年齢に負けない若々しい印象を与えることができます。

 

 

 

「米肌」の美容成分

 

米肌には、「ライスパワーNO.11」に加えて「大豆発酵エキス」「ビフィズス菌発酵エキス」が含まれています。
発酵エキスをふんだんに含むことは、肌の天然保湿因子を補い角質層のうるおいを保持することに役立ちます。

 

肌表面でうるおいを保持するので、肌が内部から輝くような印象を与えます。

 

そこに天然糖質「トレハロース」を含ませることで、さらなるうるおい効果を実現させています。角質細胞の保湿力をサポートし、乾燥を生じさせるストレスからお肌を守ります。

 

毛穴の開き、シミ、くすみ、しわ、たるみ。すべての原因は乾燥にあります。
潤いを保持し乾燥にも負けない状態をつくってあげれば、ほとんどの肌トラブルを回避することができるのです。潤いを抱えたお肌は弾力やハリを取り戻し、毛穴も目立たず若々しい状態に戻ります。

保湿化粧品

関連ページ

人気の高い乾燥肌化粧水は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。人気の高い保湿化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか
うるおい化粧品の口コミ評価
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。うるおいタイプの化粧品の中でも、口コミ評価の高いものを集めてみました。
うるおいを与える化粧品は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。うるおいを与える化粧品とはどのようなものがあるのでしょうか
しっとりタイプの化粧品、おすすめは?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。おすすめのしっとりタイプの化粧品とはどのようなものがあるのでしょうか
乾燥の季節におすすめの化粧水
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。乾燥の季節におすすめの化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか
乾燥対策の美容液は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。乾乾燥対策の美容液とはどのようなものがあるのでしょうか
評判の良い乾燥肌化粧水は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。評判の良い保湿化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか