しっとりタイプの化粧品、おすすめは?

乾燥肌の化粧品の正解は?

 

乾燥肌ならば、しっとりタイプの化粧品を使っていれば大丈夫!そう思われがちですが、実はしっとりタイプの化粧水を選ぶだけでは不十分なのです。

 

今回はしっとりタイプの化粧品を使う際の正しい化粧品の使いかたと、おすすめのしっとりタイプの化粧品をご紹介したいと思います。

 

なぜ乾燥肌が起こるのか?

 

 

乾燥肌の方は体質だからと諦めているかたも多いでしょう。ですが、乾燥肌が起きているのには理由があります。乾燥肌が起きている原因、メカニズムを見てみましょう。

 

乾燥している肌は皮脂が少なくなっています。皮脂が少なくなると、表皮のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下することで、外的な刺激の影響を受けやすくなってしまいます。外的な刺激とは、紫外線やホコリなどです。

 

これらの刺激が肌の内部に入り込むとお肌が大きなダメージを受けます。

 

乾燥している肌は内部の角質の水分が少なくなっています。角質内の細胞間脂質が低下した状態なのです。細胞間脂質が低下すると、細胞内の水分が蒸発してしまいます。水分の蒸発が続くと、外的ストレスから肌を守るために角質が厚くなってしまいます。

 

角質が厚くなると、肌のターンオーバーが正常ではなくなります。古い角質が肌に体積してしまい、吹き出物や色素沈着などのトラブルが起こりやすくなるのです。

 

またそのトラブルを解決することもできなくなり、お肌が新陳代謝できなくなってしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れた状態のお肌は、角質層に不ぞろいの細胞が出てきます。そうなると角質層が厚くなり、手触りもゴワゴワになります。固い角質層では水分保持もできないため、さらに乾燥がひどくなります。

 

 

化粧水の選び方

 

乾燥肌の方には、やはりしっとりタイプの化粧水がおすすめです。さっぱりタイプの化粧水にはアルコールが多量に含まれている可能性があります。

 


しっとりタイプの化粧水を選ぶ際には、水分量を高めるための保湿成分を見て選びましょう。

 

保湿成分として配合されているのは主に以下の成分です。
・セラミド
・アミノ酸
・ヒアルロン酸
これらの成分はお肌の天然保湿因子のはたらきを助ける役割があります。

 

またしっとりタイプの化粧水の中でも、角質層まで潤わせることができるものを選びましょう。こっくりしたタイプの化粧水は潤っているように感じるものですが、実は角質層までは潤っていない場合があります。

 

どんな美容成分が入っているかを確認して、しっとり化粧水を選びましょう。

 

しっとり化粧水のつけ方

 

 

しっとり化粧水を選んだら、その化粧水の正しいつけ方を実践しましょう。化粧水をつける際には、土台をしっかりと整える必要があります。土台をしっかりと整えるためには、W洗顔が必要です。

 

化粧水は毛穴から浸透し、角質層を潤します。そのため、毛穴がきれいな状態で皮脂が詰まっていないと理想的です。汚れた毛穴の状態では効果的な美容成分も浸透していきません。

 

W洗顔をきちんと行うことで、良い土台づくりができます。

 

まず、クレンジングでしっかりメイクを落とします。メイクが残っていると余分な汚れ、油が残ってしまいます。
クレンジングを行うことは外で吸着してしまったホコリや塵、花粉などを落とすためにも効果的です。

 

洗顔時にはしっかりと泡立てた洗顔料で優しく洗顔しましょう。泡を転がすようにして洗顔することで、肌に余計な負担を与えずに済みます。

 

化粧水をよく浸透させるために、まず手を温めましょう。温めた手に化粧水を広げ、優しく顔に広げるとより化粧水が浸透しやすくなります。

 

目の周りや口角などは乾燥しやすいので、化粧水を重ねづけしましょう。そして手のひらでもう一度顔全体を包み込み、優しく密着させましょう。

 

おすすめのしっとりタイプの化粧水

 

おすすめのしっとりタイプの化粧水は、「米肌(MAIHADA)」です。しっとりする保湿美容成分として、「ライスパワーNO.11」が配合されています。

 

「ライスパワーNO.11」は独自の技術によりお米を丁寧に蒸し、米のエキスを丁寧に抽出しそのエキスを90日間にわたり発酵させてできています。

 

角質層のうるおいを保持する機能を「水分保持機能」と呼びます。この「水分保持機能」にはたらきかける化粧水は様々ありますが、「米肌」は特別な商品です。

 

「ライスパワーNO.11」は、数ある有効成分の中でもこの「水分保持機能」の改善に役立つと認められた唯一の有効成分なのです。

 

「ライスパワーNO.11」には、ターンオーバーを正常化するのに役立つはたらきがあります。健康的な肌へと近づけることができるのです。

 

また「ライスパワーNO.11」に加えて「大豆発酵エキス」「ビフィズス菌発酵エキス」が含まれています。発酵エキスをふんだんに含むことは、肌の天然保湿因子を補い角質層のうるおいを保持することに役立ちます。

 

そこに天然糖質「トレハロース」を含ませることで、さらなるうるおい効果を実現させています。角質細胞の保湿力をサポートし、乾燥を生じさせるストレスからお肌を守ります。

 

効果の高いしっとりタイプの化粧水を選び、正しく使って乾燥肌を克服しましょう!

保湿化粧品

関連ページ

人気の高い乾燥肌化粧水は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。人気の高い保湿化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか
うるおい化粧品の口コミ評価
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。うるおいタイプの化粧品の中でも、口コミ評価の高いものを集めてみました。
うるおいを与える化粧品は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。うるおいを与える化粧品とはどのようなものがあるのでしょうか
乾燥の季節におすすめの化粧水
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。乾燥の季節におすすめの化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか
乾燥対策の美容液は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。乾乾燥対策の美容液とはどのようなものがあるのでしょうか
保湿効果の高い化粧水は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。保湿効果の高い化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか
評判の良い乾燥肌化粧水は?
気温が下がるたびに気になるのがお肌の乾燥です。それは毎日のスキンケアで行うのが最善です。最近はうるおい化粧水も高機能なものがたくさん出ています。評判の良い保湿化粧水とはどのようなものがあるのでしょうか